特集記事

  • 「様々なことを学んで成長できる」 「様々なことを学んで成長できる」

    介護の仕事は一般に思われているよりもとても大きな学びとやりがいを得られる仕事です。サービス利用者の方は年配の方も多く人生経験が豊富であり、その方とのコミュニケーションやサービス提供の中で得られるものはとても多いのです。特に介護職で既に活躍をしている方の体験談などを見るとそのことが良く分かるでしょう。

  • 現場スタッフの指導役「認定介護福祉士」 現場スタッフの指導役「認定介護福祉士」

    認定介護福祉士はまだ誕生していない資格です。今後団塊世代が続々と介護サービスの利用者に加わることが予想される中、今以上に需要過多となっても適切なサービス提供を行えるよう、現場職員の指導役や関係各所との調整役として介護福祉士の上位資格である認定介護福祉士の活躍が求められているのです。

  • 訪問介護の指揮者「サービス提供責任者」 訪問介護の指揮者「サービス提供責任者」

    日本は今、国として社会保障費の支出を抑制するために介護サービスの提供拠点を施設から各家庭に移そうと「施設から家庭へ」というコンセプトを掲げています。そのため訪問介護の存在は今後ますます重要になり、訪問介護を行う場合に設置が義務付けられているサービス担当責任者の存在もますます重要なものとなってきています。

明るく楽しく働ける職場を探そう

明るく楽しく働ける職場を探そう

介護の仕事に魅力を感じやってみようと思えるのであれば、ぜひ介護業界への転職を考えてみてください。また既に介護業界に勤める方で、今の職場ではなく別の職場で介護の仕事をしたいという方に対してもお役に立てる情報を提供しています。より良い形で転職を成功させるためにまずはどうして介護の仕事をしたいのか、なんで転職をしようと思ったのかの理由を明確にしましょう。そして転職には便利で使い勝手のよい求人サイトを活用することがお勧めです。

まずは転職理由を明確に

まずは転職理由を明確に

転職を考えた場合に注意しなければならないのは転職を失敗させないことです。そして転職の失敗には転職先が見つからないという失敗と、無事転職できたのに結局悩みや不満が解消されなかったという失敗があります。このような失敗を避けるためのポイントは、どうして自分は転職をしたいと思ったのかという理由を明確にすることです。キャリアアップをするためにそれに適した職場に行きたいのか、それとも今の職場の人間関係が辛くて転職をしたいのかで取るべきアプローチはまるで異なります。

続きはこちら

介護専門の求人サイトを

介護専門の求人サイトを

転職を成功させるために有効なサービスはきちんと活用していきましょう。特にお勧めなのは介護専門の求人サイトを活用することです。いざ転職をしようと思ってもどのような求人があるのかといった情報収集や整理だけでもかなり大変です。しかし求人サイトを上手く活用すればその手間をかなり削減できるでしょう。ただし昨今の転職ビジネスのブームの中であまり優良ではないサービスも出てくるようになってしまいました。きちんとした認定機関から認められたサービスを使うと良いでしょう。

続きはこちら

資格取得支援制度あり「介護専門求人ナビ」

資格取得支援制度あり「介護専門求人ナビ」

介護専門の求人サイトにはいくつかお勧めがありますが、特に大阪や京都など関西圏で仕事を探しているのであれば介護専門求人ナビという求人サイトがお勧めです。この求人サイトの凄いところは介護業界での仕事が初めてという方や無資格者の方のための資格取得サポートサービスがあることです。これはとても嬉しいサービスと言えるでしょう。またこの他にこの求人サイトを通して転職を成功させ3ヶ月以上勤務が続く人には最大で2万円の就職お祝い金も支給されます。

続きはこちら

サポート体制抜群「きらケア」

サポート体制抜群「きらケア」

東京や神奈川などの関東圏で介護の仕事を探している人にお勧めの求人サイトがきらケアです。こちらの求人サイトの魅力は何といってもコンサルタントによる充実したサポート体制でしょう。一人で転職活動を成功させようとしても情報収集や交渉の面でどうしても限界があります。しかしきらケアのコンサルタントはあなたに代わって勤務条件の交渉などをしてくれる上に、転職後にも働く環境に問題はないかなど相談に乗ってフォローをしてくれるのです。

続きはこちら

学生にもおすすめの記事です!

「かっこよくて、面白い」
「かっこよくて、面白い」16.02.26

介護の仕事といえば、一般的には身体介助などを行うヘルパーの存在を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし介護の仕事はそれだけではなく、サービス利用者の方の現状を分析し医師や看護師と連携を取った上で適切なケアプランを作成するケアマネージャーのような仕事もあります。介護の仕事はこのように創造性に溢れてかっこいい仕事でもあるのです。

利用者との架け橋「ケアマネージャー」
利用者との架け橋「ケアマネージャー」16.02.29

まだ身体能力がそれほど弱っていないサービス利用者に対して、過度な介助を行ってはかえって相手の身体能力を弱めてしまいます。一方相手の能力を過信して少なすぎる介助に留めてしまっては大きな負担をかけ、クオリティーオブライフを下げてしまいます。このようなことを考えてケアプランを作成するケアマネージャーの存在はとても重要です。