特集記事

  • 「様々なことを学んで成長できる」 「様々なことを学んで成長できる」

    介護の仕事は一般に思われているよりもとても大きな学びとやりがいを得られる仕事です。サービス利用者の方は年配の方も多く人生経験が豊富であり、その方とのコミュニケーションやサービス提供の中で得られるものはとても多いのです。特に介護職で既に活躍をしている方の体験談などを見るとそのことが良く分かるでしょう。

  • 現場スタッフの指導役「認定介護福祉士」 現場スタッフの指導役「認定介護福祉士」

    認定介護福祉士はまだ誕生していない資格です。今後団塊世代が続々と介護サービスの利用者に加わることが予想される中、今以上に需要過多となっても適切なサービス提供を行えるよう、現場職員の指導役や関係各所との調整役として介護福祉士の上位資格である認定介護福祉士の活躍が求められているのです。

  • 訪問介護の指揮者「サービス提供責任者」 訪問介護の指揮者「サービス提供責任者」

    日本は今、国として社会保障費の支出を抑制するために介護サービスの提供拠点を施設から各家庭に移そうと「施設から家庭へ」というコンセプトを掲げています。そのため訪問介護の存在は今後ますます重要になり、訪問介護を行う場合に設置が義務付けられているサービス担当責任者の存在もますます重要なものとなってきています。

資格取得支援制度あり「介護専門求人ナビ」

2016.3.14
LINEで送る

お勧め求人サイト「介護専門求人ナビ」

ここでは実際に介護業界での転職を考えている方にお勧めの求人サイトをご紹介します。まずは介護専門求人ナビです。

介護専門求人ナビ画像

介護専門求人ナビは特に大阪府や京都府、兵庫県などの関西エリアに強みを持つ求人サイトです。

ページをご覧になっていただければわかると思いますが、トップページからすぐに求人を行っている各施設の情報が見れますので、今介護業界ではどのような求人が多いのかを知りたい時にも使いやすいサイトと言えるでしょう。また関西エリアの中では府県単位だけではなく、より細かい地域にまで絞って求人を探すことが可能です。また地域だけではなく雇用形態や職種、それに希望勤務時間帯などでも求人を分けて探せますので自分の事情にぴったりとあう求人を探しやすい求人サイトです。

お勧め求人サイト「介護専門求人ナビ」

資格取得支援制度の充実

またこちらの求人サイトで特に充実している点は何といっても資格取得支援制度があることでしょう。提携先のスクールにて、初任者研修を無料で受講し資格を取得することができるのです。つまり現在無資格でこれから介護業界で働きたいという方でも利用できるサイトということです。学習期間の短い超短期コースは有料ですが、基本的には無料というのもありがたいですね。
これまで育児などで仕事を離れていてこれからまた働きたいのだけれども、空白期間も空いてしまったし無事仕事が見つかるかどうかという不安を抱えているような女性にもお勧めの求人サイトと言えるでしょう。

資格取得支援制度の充実

嬉しい就職お祝い金

またこの求人サイトの凄いところはこれだけではありません。何とこの求人サイトを通して転職活動を行い無事採用された場合、就職お祝い金がこの求人サイトから支給されるのです。お祝い金はサイトを見ると5千円~1万円という金額が多いですが最大では2万円になるそうです。新しい職場に通い出すにあたってエプロンや筆記用具など備品の購入が必要になることもありますのでこれもとても助かるサービスと言えるでしょう。
なおこのお祝い金を受け取るためにはこのサイトの申し込みフォームから応募すること、仕事を3ヶ月以内に辞めたりはしないことという条件もあるので注意してください。

嬉しい就職お祝い金

充実した各種サポート内容

また求人サイトのメリットとして人間のサポーターが面談やアドバイスを行ってくれる場合があるのですが、この介護専門求人ナビでもそういったサービスには力を入れています。転職活動はともすると視野が狭くなりがちなので、客観的な意見を聞けるメリットは極めて大きいと言えるでしょう。またその他に面接日時の調整代行や、サイトでは紹介していない非公開求人の紹介などもしてくれます。特に関西エリアで転職を考え出しているのであれば、まずは問い合わせから始めてみてはいかがでしょうか。

充実した各種サポート内容

学生にもおすすめの記事です!

「かっこよくて、面白い」
「かっこよくて、面白い」16.02.26

介護の仕事といえば、一般的には身体介助などを行うヘルパーの存在を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし介護の仕事はそれだけではなく、サービス利用者の方の現状を分析し医師や看護師と連携を取った上で適切なケアプランを作成するケアマネージャーのような仕事もあります。介護の仕事はこのように創造性に溢れてかっこいい仕事でもあるのです。

利用者との架け橋「ケアマネージャー」
利用者との架け橋「ケアマネージャー」16.02.29

まだ身体能力がそれほど弱っていないサービス利用者に対して、過度な介助を行ってはかえって相手の身体能力を弱めてしまいます。一方相手の能力を過信して少なすぎる介助に留めてしまっては大きな負担をかけ、クオリティーオブライフを下げてしまいます。このようなことを考えてケアプランを作成するケアマネージャーの存在はとても重要です。