特集記事

  • 「様々なことを学んで成長できる」 「様々なことを学んで成長できる」

    介護の仕事は一般に思われているよりもとても大きな学びとやりがいを得られる仕事です。サービス利用者の方は年配の方も多く人生経験が豊富であり、その方とのコミュニケーションやサービス提供の中で得られるものはとても多いのです。特に介護職で既に活躍をしている方の体験談などを見るとそのことが良く分かるでしょう。

  • 現場スタッフの指導役「認定介護福祉士」 現場スタッフの指導役「認定介護福祉士」

    認定介護福祉士はまだ誕生していない資格です。今後団塊世代が続々と介護サービスの利用者に加わることが予想される中、今以上に需要過多となっても適切なサービス提供を行えるよう、現場職員の指導役や関係各所との調整役として介護福祉士の上位資格である認定介護福祉士の活躍が求められているのです。

  • 訪問介護の指揮者「サービス提供責任者」 訪問介護の指揮者「サービス提供責任者」

    日本は今、国として社会保障費の支出を抑制するために介護サービスの提供拠点を施設から各家庭に移そうと「施設から家庭へ」というコンセプトを掲げています。そのため訪問介護の存在は今後ますます重要になり、訪問介護を行う場合に設置が義務付けられているサービス担当責任者の存在もますます重要なものとなってきています。

介護ワークのやりがい

介護ワークのやりがい

介護業界というと皆様はどのようなイメージを持たれているでしょうか。労働環境や給与の面で厳しいものがあるというような、マイナスイメージに近いものを持たれている方も多いかもしれません。確かに介護の世界は離職率も高くまだまだ厳しい面はあります。しかし徐々にそういったマイナス面は改善されてきており、かつその仕事は現場で受け持つ方の入浴や食事の介助を行うヘルパーから全体的な視点を持って介護の計画を立案しチームを取りまとめるケアマネージャーまで幅広く、様々なやりがいにも満ちているのです。

「様々なことを学んで成長できる」

「様々なことを学んで成長できる」

介護業界の仕事はまだまだ一般的な認識として厳しい労働環境だと思われがちです。しかしその仕事はとてもやりがいに満ちています。例えば現場での介助を担当するヘルパーの方であれば、通常の人間関係ではありえないほど相手と密に接することになりますので、他の仕事では得られないようなとても大きな人間的な学びを得ることができるのです。新人のうちはおっかなびっくりになってしまい迷うこともあるかもしれませんが、必ずそのやりがいに気づく時がきます。

続きはこちら

「かっこよくて、面白い」

「かっこよくて、面白い」

ケアマネージャーの仕事は介護業界の職業の一つと言う認識はあっても、どういった仕事かという具体的なイメージは湧いてこないという方が多いかもしれません。例えばヘルパーが現場での入浴や着替えなどの介助を行う仕事であるのに対して、ケアマネージャーは医師などと連携して俯瞰的な視点から介護全体を取り仕切る仕事です。どちらの仕事が優れているというわけではありませんが、上手くチームを取り仕切れた場合はとてもかっこいい仕事と言えるでしょう。

続きはこちら

学生にもおすすめの記事です!

「かっこよくて、面白い」
「かっこよくて、面白い」16.02.26

介護の仕事といえば、一般的には身体介助などを行うヘルパーの存在を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし介護の仕事はそれだけではなく、サービス利用者の方の現状を分析し医師や看護師と連携を取った上で適切なケアプランを作成するケアマネージャーのような仕事もあります。介護の仕事はこのように創造性に溢れてかっこいい仕事でもあるのです。

利用者との架け橋「ケアマネージャー」
利用者との架け橋「ケアマネージャー」16.02.29

まだ身体能力がそれほど弱っていないサービス利用者に対して、過度な介助を行ってはかえって相手の身体能力を弱めてしまいます。一方相手の能力を過信して少なすぎる介助に留めてしまっては大きな負担をかけ、クオリティーオブライフを下げてしまいます。このようなことを考えてケアプランを作成するケアマネージャーの存在はとても重要です。