特集記事

  • 「様々なことを学んで成長できる」 「様々なことを学んで成長できる」

    介護の仕事は一般に思われているよりもとても大きな学びとやりがいを得られる仕事です。サービス利用者の方は年配の方も多く人生経験が豊富であり、その方とのコミュニケーションやサービス提供の中で得られるものはとても多いのです。特に介護職で既に活躍をしている方の体験談などを見るとそのことが良く分かるでしょう。

  • 現場スタッフの指導役「認定介護福祉士」 現場スタッフの指導役「認定介護福祉士」

    認定介護福祉士はまだ誕生していない資格です。今後団塊世代が続々と介護サービスの利用者に加わることが予想される中、今以上に需要過多となっても適切なサービス提供を行えるよう、現場職員の指導役や関係各所との調整役として介護福祉士の上位資格である認定介護福祉士の活躍が求められているのです。

  • 訪問介護の指揮者「サービス提供責任者」 訪問介護の指揮者「サービス提供責任者」

    日本は今、国として社会保障費の支出を抑制するために介護サービスの提供拠点を施設から各家庭に移そうと「施設から家庭へ」というコンセプトを掲げています。そのため訪問介護の存在は今後ますます重要になり、訪問介護を行う場合に設置が義務付けられているサービス担当責任者の存在もますます重要なものとなってきています。

サポート体制抜群「きらケア」

2016.3.17
LINEで送る

お勧め求人サイト「きらケア」

どの求人サイトを使うか考えるにあたっては当然まずは求人数が充実しているか、特に自分の生活圏での求人数が充実しているかがポイントになります。転職を機に引越しをされる方も多いかとは思いますが、大半の方は働きたいエリアはプライベートの様々な事情によって事前に決まっているからです。そこで特に東京都や神奈川県など関東圏で介護の仕事を探している方にお勧めの求人サイトがきらケアです。

きらケア画像

きらケアは必要な情報が丁寧に整理されていて使いやすいサイトで、介護求人の内容も充実しています。

お勧め求人サイト「きらケア」

コンサルタントによる支援体制

こちらの求人サイトきらケアの魅力は何といってもコンサルタントによる充実した転職の支援体制でしょう。転職活動の成功率はサポートしてくれるコンサルタントがいるかいないかで大きく変わります。それはもちろん望む内定を得られるかどうかという点でも大きな影響を与えるんですが、転職活動のゴールは内定ではありません。実際に転職先で働き出した後にきちんとやっていけるかどうかが重要です。そしてコンサルタントのフォローを受けると採用後の働きやすさも変わってくるのです。

コンサルタントによる支援体制

事前に掴める転職先の雰囲気

その理由として、コンサルタントの協力によって事前に職場の雰囲気が詳細に掴めるということがあります。転職活動をしている人が求人を出している職場の雰囲気を掴もうと思ってもそう簡単に知ることはできません。相手もその情報をあまりオープンにしない場合が多いのです。そして質問をしようにも、もし質問をして不機嫌になられたらと想像してしまって聞きづらいでしょうし、聞いたとしても真実を教えてもらえる保証はありません。
しかしこの点コンサルタントは違います。コンサルタントはあなたの味方なので聞くことを遠慮することはありません。そして相手に対する情報もかなり正確に掴んでいます。求人情報を掲載するにあたっては相手先企業と何度も打ち合わせを行いますし、また過去にそこへ転職をした人の話を聞く機会もあるからです。
だからこそコンサルタントに相談することで、適切な募集先を探すことができます。

事前に掴める転職先の雰囲気

しっかりしたアフターフォロー

もう一点きらケアの大きな魅力は各種フォローの充実です。まだ採用面談を受けている最中であれば、あなたの代わりに聞きづらい勤務条件についての質問やあるいは交渉も代わりに行ってくれます。これらはナイーブな話になってしまうので日本人の気質として転職希望者側が遠慮してしまい、納得できる交渉を行えない場合も多いのです。しかしコンサルタントが間に入ってくれるのであれば安心です。
またこういったフォローは就職後にも継続され、仕事が始まった後に出てくる様々な不安や悩みにもコンサルタントが親身になって相談に乗ってくれるのです。

しっかりしたアフターフォロー

学生にもおすすめの記事です!

「かっこよくて、面白い」
「かっこよくて、面白い」16.02.26

介護の仕事といえば、一般的には身体介助などを行うヘルパーの存在を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし介護の仕事はそれだけではなく、サービス利用者の方の現状を分析し医師や看護師と連携を取った上で適切なケアプランを作成するケアマネージャーのような仕事もあります。介護の仕事はこのように創造性に溢れてかっこいい仕事でもあるのです。

利用者との架け橋「ケアマネージャー」
利用者との架け橋「ケアマネージャー」16.02.29

まだ身体能力がそれほど弱っていないサービス利用者に対して、過度な介助を行ってはかえって相手の身体能力を弱めてしまいます。一方相手の能力を過信して少なすぎる介助に留めてしまっては大きな負担をかけ、クオリティーオブライフを下げてしまいます。このようなことを考えてケアプランを作成するケアマネージャーの存在はとても重要です。