特集記事

  • 「様々なことを学んで成長できる」 「様々なことを学んで成長できる」

    介護の仕事は一般に思われているよりもとても大きな学びとやりがいを得られる仕事です。サービス利用者の方は年配の方も多く人生経験が豊富であり、その方とのコミュニケーションやサービス提供の中で得られるものはとても多いのです。特に介護職で既に活躍をしている方の体験談などを見るとそのことが良く分かるでしょう。

  • 現場スタッフの指導役「認定介護福祉士」 現場スタッフの指導役「認定介護福祉士」

    認定介護福祉士はまだ誕生していない資格です。今後団塊世代が続々と介護サービスの利用者に加わることが予想される中、今以上に需要過多となっても適切なサービス提供を行えるよう、現場職員の指導役や関係各所との調整役として介護福祉士の上位資格である認定介護福祉士の活躍が求められているのです。

  • 訪問介護の指揮者「サービス提供責任者」 訪問介護の指揮者「サービス提供責任者」

    日本は今、国として社会保障費の支出を抑制するために介護サービスの提供拠点を施設から各家庭に移そうと「施設から家庭へ」というコンセプトを掲げています。そのため訪問介護の存在は今後ますます重要になり、訪問介護を行う場合に設置が義務付けられているサービス担当責任者の存在もますます重要なものとなってきています。

業界屈指の求人数とスピード対応が魅力の「メドフィット」

2019.4.3
LINEで送る

お勧め求人サイト「メドフィット」

メドフィットは、医療と介護業界の転職支援に特化したサイトで、求人情報の掲載数は業界屈指といわれています。北は北海道から南は九州まで、全国47都道府県の求人を網羅しているので、首都圏にお住まいの方も、地方にお住まいの方も、問題なく仕事探しに活用できますよ。

また、好条件が揃った非公開求人数が多いのも大きな特徴です。
「魅力的な求人情報を一早くキャッチしたい!」という方に、ぜひ注目してほしいサイトの一つといえます。

お勧め求人サイト「メドフイット」

各職種ごとに専任のコンサルタントが在籍し、転職活動をサポート

介護士やケアマネージャーをはじめ、指導員や理学療法士など、介護業界で活躍する職種に詳しい専任のコンサルタントが在籍している点も、メドフィットを語るうえでは見逃せません。それぞれの職種ならではの転職事情を考慮しつつ、マンツーマンで転職活動をサポートしてくれるというのは、とても安心感があります。
しかも、仕事探しや応募先との条件交渉をはじめ、応募書類の添削や円満退社に向けたアドバイスもしてくれるので、初めての方もスムーズに転職を行うことができるでしょう。

各職種ごとに専任のコンサルタントが在籍し、転職活動をサポート

スピーディーな転職も可能

転職活動を行っている方の中には、すでに退職が決まり、すぐにでも新しい仕事に就きたいと思っている方もいることでしょう。そんなときにもメドフィットは頼りになります。
メドフィットでは、「転職サポート」に登録した方を対象にヒアリングを実施し、それをもとに担当コンサルタントが数日以内に条件にマッチした求人を提案してくれるからです。そのため、短期間で希望に沿った転職を叶えることも夢ではありません。転職までに時間がかかってしまうと、収入面に不安が生じたり、不安を感じやすくなったりするので、スピーディーな応対は心強く感じられるはずです。

スピーディーな転職も可能

お得なキャンペーン実施中

メドフィットでは「お友だち紹介キャンペーン」を実施中です。サイトに登録後、医療や介護系の仕事に転職を検討している有資格者を紹介すると、なんと通販サイトで利用できるギフト券やQUOカードなどの商品券を貰うことができます。このキャンペーンの応募には条件がありますが、紹介した人もされた人も双方が商品券を手にすることができるのは嬉しいポイント。大変なことも多い転職活動ですが、ちょっとした喜びがあるとモチベーションが上がり、やる気にもつながることでしょう。

お得なキャンペーン実施中

学生にもおすすめの記事です!

「かっこよくて、面白い」
「かっこよくて、面白い」16.02.26

介護の仕事といえば、一般的には身体介助などを行うヘルパーの存在を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし介護の仕事はそれだけではなく、サービス利用者の方の現状を分析し医師や看護師と連携を取った上で適切なケアプランを作成するケアマネージャーのような仕事もあります。介護の仕事はこのように創造性に溢れてかっこいい仕事でもあるのです。

利用者との架け橋「ケアマネージャー」
利用者との架け橋「ケアマネージャー」16.02.29

まだ身体能力がそれほど弱っていないサービス利用者に対して、過度な介助を行ってはかえって相手の身体能力を弱めてしまいます。一方相手の能力を過信して少なすぎる介助に留めてしまっては大きな負担をかけ、クオリティーオブライフを下げてしまいます。このようなことを考えてケアプランを作成するケアマネージャーの存在はとても重要です。